勤務先への在籍確認方法

キャッシング会社の行う審査の中に「勤務先への在籍確認」というものがあります。
これは、審査に有利になるためにと、勤務先を偽装する方なども時折いるため、行われています。そして、その方法とは、キャッシング会社から勤務先へ電話をかけ、確認するという方法です。

 

しかし、そんなことをされては、勤務先の上司や同僚にキャッシング会社と契約をしようとしていることが知られてしまい、社内での評判を落とすことに繋がるのでは……という不安もあることでしょう。
ですが、そういったプライバシーへの配慮は、キャッシング会社もきちんと考えた上で、在籍確認は行われています。

 

在籍確認の流れとしては、まず、キャッシング会社は電話口で会社名を名乗ることは、絶対にありません。個人名で電話をかけ、「(申込者)さんはいらっしゃいますか?」というように、電話を受けた方に訪ねます。すると、申込者が会社にいる場合であれば、電話を変わることになるでしょうし、そうでなければ、「(申込者)は席を外しております」というように返答をすることでしょう。
電話を変わった場合には、2、3言の本人確認になることが多いようですが、たとえ席を外していて電話を変わることができなくても、「(申込者)は席を外しております」の一言だけで、そこに勤めていることは十分確認できるので、あとは卒なく電話を切り、在籍確認完了となります。

 

以上のように、在籍確認のせいで周囲にキャッシング会社の利用が知られてしまうということは、なかなかありませんので、ご安心ください。