こわくない?返済の取り立て

キャッシング会社に申込をしようか悩む方の中には、ドラマなどの影響のせいで、「万が一、返済が遅れてしまえば、ひどい取り立てに合うのではないか」という不安を覚える方もいらっしゃいます。
しかし、ドラマなどに出てくるようなキャッシング会社は、いわゆる「ヤミ金融」であることを忘れないでください。
真っ当なキャッシング会社であれば、法にもとづき、国や県に認可されることで、運営ができているので、ひどい取り立てを行うことはあり得ません。
法律では、暴力や暴言などによる悪質な取り立ては禁止されているのです。

 

しかし、だからといって返済期日は契約に沿って決まっているものですから、守らない訳にはいきません。そして、守らなければ、罰則を受けることにもなります。
その罰則とは、単純なものです。「延滞日数に応じた罰金(遅延損害金)を支払う」ことです。
この遅延損害金についても、利率が法律で定められているので、よほど長期間の延滞をしない限りは、それほど高くはつかないので、安心してください。

 

ただ、遅延損害金に関しては、支払ってしまえば、そこで事が済んでしまいます。ですが、場合によっては、それ以上に大きなこととして、「信用が下がる」ということがあります。
担保や保証人を必要としないキャッシング会社のローンというものは、信用で成り立っているものです。ですから、その信用が下がってしまえば、遅延損害金を支払ったとしても、以後の借入を拒まれてしまうかもしれません。ほかにも、契約額を増額したいとなっても、信用できないからと断られてしまうかもしれません。
更には、延滞情報というものは信用情報機関というところに登録されてしまいます。この信用情報機関に加盟しているのは、何もキャッシング会社だけに限らず、クレジットカード会社や住宅ローンなどを取り扱っている会社も加盟しています。そして、必要とあらば、機関を介して、顧客情報を閲覧することができるのです。つまり、キャッシング会社で延滞後に住宅ローンを利用しようと申込をしてみたところ、「延滞情報があるので、うちでは融資を行うことができません」と融資を断られてしまう可能性もあるのです。

 

このように、延滞をしてしまえば、後になって後悔する場面がやってくることもあります。返済期日を破ることは、契約を破ることと同じだということをしっかりと認識し、無謀な借入はしないよう気をつけましょう。